2017年5月26日金曜日

ガソリンくれよ

 ケンさんは、タンクローリーの運転手です。毎日、港の製油所から町のガソリンスタンドへ石油をとどけにいくのが仕事です。
けれど、山をひとつ越えた、いっけんのスタンドへ行くのは好きではありませんでした。
「あのスタンドへ行く峠の廃車場には、車たちのゆうれいが出るそうだ」
なかまの運転手たちから、そんなはなしを聞いていたからです。
「困ったな。今日はおれが、あのスタンドへ行かなくちゃいけないんだ」
ケンさんは気がおもくなりました。
 さて、今日の仕事もあと1ヶ所でおわりです。タンクの中へ石油をいっぱい入れると出かけていきました。
 町を通り過ぎて、やがて峠道にさしかかりました。あたりはすっかり暗くなり、ライトをつけて走りました。
「ああ、たのむから今日は出ないでくれよ」
そういいながら、坂道をのぼっていくと、前方に廃車場が見えてきました。
壊れたバスや、サビだらけのダンプカー、タイヤが取れた乗用車などが山のように積まれています。
 ケンさんはアクセルをふかしながらスピードをあげて走りました。峠道は舗装がされていないので、タイヤがくぼみにはまるたびにタンクの中の石油が、ドボーン、ドボーンと不気味な音をたてます。
 しばらくすると、どんより曇った空から、ぽたり、ぽたりと雨がふってきました。
そのときです。気味の悪い声があちこちから聞えてきました。
「ガソリンくれよ・・・」
「おれには軽油をくれよ・・・」
「何年も飲んでないんだから、はやくくれよ・・・」
(やっぱり出たー。車たちのゆうれいだ)
 ケンさんは、おもいっきりアクセルを踏み込むともうスピードで走り出しました。うしろからは、ひっきりなしに車たちの声が聞こえてきます。
 そのうち、雨が激しくなってゴロゴロと雷も鳴り出しました。
ケンさんはむがむちゅうで突っ走りました。
「たのむから、ガソリンくれよ・・・」
「おれには軽油をくれよ・・・」
「何年も飲んでないんだからさ・・・」
やがて、廃車場をぶじに通り過ぎたケンさんは、スピードを上げたまま峠の下り坂をおりていきました。
 向こうの方に、ガソリンスタンドの明かりが見えました。
「よかったー、たすかった」
 ぶじにガソリンスタンドにたどりつくと、さっきのことを従業員にはなしました。
「たいへんでしたね。噂はほんとうだったんですね」
そういって、タンクからガソリンを移し替えようとしたとき、従業員はがっかりした顔でいいました。
「やっぱり廃車場の車たちにガソリンを飲まれてますよ。ごらんなさい」
「なんだって、そんなはずないよ」
 ケンさんが、タンクをみるとおどろきました。タンクのキャップがはずれていたのです。
 ケンさんは、製油所を出るとき、ゆうれいのことばかりが気になって、しっかりとキャップを閉めてなかったのです。 

 
    




(つるが児童文学会「がるつ第29号」所収)





2017年5月14日日曜日

孤島のユーチューバー

 演奏会の動画を無許可でたくさんユーチューブに投稿していた男の人が、肖像権違反で逮捕され、海のはるか向こうの孤島に監禁されました。
「あ~あ、暇だなあ。カメラとパソコンの使用は許されたが、見えるのは海ばかりで何も撮るものがない」
 最初は、海をバックに自分の顔を撮ったり、海をテーマにしたオリジナル絵本を動画にしてアップしていましたが、だんだんと飽きてきました。
「やっぱり面白い動画を撮らないとだめだ」
 そんなある日のこと、水平線の向こうからクレーンを装着した外国船が島のすぐそばまでやってきました。この海域は日本の領海内ですから領海侵犯です。
 翌日からは、船の数も多くなり、さかんにロープを海の中に沈めて何か作業をしていました。
「もしかしてメタンハイドレートの採取をやってんのかなあ」
 次世代エネルギーとして注目されているメタンハイドレートを持っていかれたら日本の資源の大きな損失です。この事実を政府に知らせなければいけません。
「よーし、作業を全部カメラに撮って限定公開で政府に知らせよう」
 孤島で映像を撮られていることなど知らない外国船は、安心したように毎日作業を続けていました。
 数日して、海の向こうから海上保安庁の巡視船と自衛隊の艦船がやってきました。ユーチューブで流れた映像を観たからです。直ちに外国船は拿捕されて領海の外へ追い払われました。
 またあるときです。
 島の近くの海の中から何隻もの潜水艦が浮上してきました。司令塔のハッチが開き、乗員が出て来て双眼鏡で周囲を確認すると、空に向けてミサイルを発射しました。その映像も全部撮ってすぐにアップしました。
 この海域では、たびたびミサイルも飛んでくることがあり、その映像も撮影して次々にアップしていきました。
 ある夜のこと、小型の潜水艦が島のそばまでやってくると海面に姿を現しました。この島にスパイが潜んでいて我が国の訓練の様子を撮影していると疑われたからです。
 潜水艦から工作員が出て来て、ボートに乗って小屋で眠っている男の人を捕まえました。カメラも没収されて、
「やっぱりだ、ここで撮影していたんだな」
 男の人は、潜水艦のところまで連れていかれました。
向こうに着いたら、スパイ容疑で銃殺刑になるのは確実です。なんとか逃げないといけません。 
 タラップを渡っていたとき、思い切って海の中に飛び込みました。水中をもぐりながら潜水艦から離れました。でも、ものすごい勢いで機関銃の弾が水中まで飛んできました。
「ああ、もうだめだー」
 そのとき、海の向こうからビーム状の明るいライトを照らした船が猛スピードで走ってきました。この海域を警備していた海上保安庁の巡視船でした。銃声を聞きつけてやってきたのです。潜水艦はすぐに潜航して逃げて行きました。男の人は無事に助けられたのです。
 事情を説明すると、ある日、政府からメールが届きました。それは男の人の情報提供は非常に高く評価され、その功績によって刑が免除されるそうです。数日後に、男の人は釈放されて懐かしい日本へ帰ることができました。 







 
(未発表童話です)





2017年5月2日火曜日

アリのレスキュー隊

 シャツのボタンがとれたので、針糸で直そうとしたおじいさんでしたが、目が悪くって糸がなかなか通らないのです。
「だめだ、いくらやっても通らない」
そのうち、頭がくらくらしてきました。
「そうだ、虫メガネはどこだったかな」
机の引き出しを開くと入っていました。
 片手に虫メガネと針を持って、糸を通すことにしました。でも部屋の中は暗くていくらやっても通りません。
「明るいところでやらないとだめだ」
 おじいさんは庭に出てしゃがんでやりました。
 さっきよりも穴が大きく見えて、糸も通りそうです。でもなかなか通りません。
そのとき、巨大なアリが目の前に現れました。
「わあ、」
そのはずです、レンズで写ってるアリですから。
「どうしましたか」
 アリはレスキュー隊の隊員でした。
「針に糸が通らないので困っている」
「わかりました、すぐにやりましょう」
アリは、糸を掴むと、針穴にじょうずに通してくれました。
「よかった、ありがとう」
お礼に砂糖をアリにやりました。 
 ある日、トゲが刺さっておじいさんは困りました。
「トゲが小さくて抜けない、どうしよう、そうだ」
庭に出て、アリのレスキュー隊をさがしました。
 しばらくして、草の中からアリが出てきました。
「どうしましたか」
「トゲが刺さって抜けないので困っている」
「じゃあ、やってみましょう」
 アリはおじいさんの指先にちょこんと乗ると、ぐいぐいトゲをひっぱりました。
 グニュグニュ、グニュグニュ、
でも、皮膚にしっかり刺さっているので、容易に抜けません。
 アリは携帯で、たくさん仲間を集めました。
そしてみんなでやりました。
グニュグニュ、グニュグニュ、スッポーーンと大きな音がしてトゲは無事に抜けました。
「よかった」
 お礼に、おじいさんはハチミツをスプーンに入れてアリたちにやりました。







(未発表童話です)




2017年4月21日金曜日

生き返ったシューベルト

 ウィーンのお墓の中で眠っていた作曲家のシューベルトが、棺おけの中で目を覚ましました。
大きなあくびをしながら、
「二百年も眠っていたが、私には気になって仕方がないことがある。「未完成交響曲」のことだ。あの曲を全部完成させないとこれから先も安らかに眠り続けられない」
 ある夜のこと、シューベルトはお墓から抜け出すと、自分の楽譜が保管してある国立博物館へ行きました。
 守衛がいたので、みつからないように展示室へ入り、ガラス・ケースの中から楽譜を取り出しました。
近くの公園へ行って、明るい街燈の下で懐かしい楽譜を眺めました。
「ああ、これだ、書いたときのままだ。あの頃は、歌曲の注文が多くって、残りの楽章を書いてる暇がなかった。でもいまは、時間にしばられることもなく自由に書き加えることが出来るのだ」
 ピアノはないけれど、あの頃も作曲にはほとんどピアノは使ったことがなかったので、その夜一気に残りの楽章を書きあげました。
「頭で描いていたとおりの曲になった。特に4楽章のフィナーレがすばらしい」
 すっかり満足して、シューベルトはまた国立博物館へ行き、ガラス・ケースの中へ楽譜を戻しておきました。
 数日して、新聞に「フランツ・シューベルトの楽譜発見される。音楽界に衝撃のニュース。現在、本物かどうか筆跡鑑定を実施中」という記事が第1面に大きな活字で報道されました。
 クラシックの音楽学者や音楽関係者は、世界が混乱するのを警戒して、新たに見つかった3楽章と4楽章を非公開で演奏をすることにしました。
 視聴に来ていた人たちは本当に驚きました。
「これはたいした曲だ。文句のつけようがない出来栄えだ」
「いったい誰が持っていたのか。どこに隠されていたのだろう」
 演奏を聴いた人たちは、何日もの間、新しく見つかった楽譜について慎重に議論しました。そして世間にこの楽譜を公開するかどうか迷いました。科学検査なども行われましたが、結局、公開されなかったのです。重大な事実があったからです。
 音楽そのものはシューベルトが書いたものと間違いがないと断定されましたが、書かれた用紙の中に一週間前の新聞の朝刊のチラシの裏面が使われていたからです。これでは本物であるはずがありません。
 そのような理由で、「未完成交響曲」は、やっぱり「未完成交響曲の」ままにされることになりました。
 お墓の中で眠っていたシューベルトは、そんなことなどぜんぜん知らないまま、夢の中で、今度は晩年の名作「冬の旅」を直したいと考えていました。
「あの歌曲集は、最後がどうも尻切れトンボだ。主人公にもう少し旅をさせようかな」
そんなことを考えていました。







(未発表童話です)




 

2017年4月11日火曜日

木製ミサイルが飛んできた

 ミサイルの飛行実験ばかりやっている国がありました。もう何千回も実験していたので、とうとう鉄がなくなってしまい、木製のミサイルに変わりました。ところがこのミサイル、ロケットエンジンの熱で燃えてしまって、落ちてくるときは炭になっていました。
その様子をいつも見ていた山小屋の炭焼きたちが、
「今日はおれの庭に落ちてこないかなあ」
と空を見上げていました。
 木を伐って燃やさなくてもいいので大助かりです。
 ところがある日、ミサイルが燃えてしまってはなんにもならないというので、今度はガラス製のミサイルに変わりました。
がっかりしたのは炭焼きたちです。
「ああ、木製の方がよかったのに」
落ちてくる飴のように溶けてしまったミサイルをつまらなそうに見ていました。








(未発表童話です)





2017年4月4日火曜日

どこへでも出かける郵便ポスト

 田舎の郵便ポストに、ポトンと手紙に投げ込まれました。
お腹の中へ入った手紙がポストに話しかけました。
「お友だちからの手紙ですよ」
読んでみました。
「お元気ですか。わたしはいま海の見える丘の上に立っています。一度遊びにきませんか」
さっそくポストは仕事のことなんかすっかり忘れて、テクテク歩いて行きました。
海が見えてきました。丘の上にポストが立っていました。
「やあ、ひさしぶりだね」
「きみも元気そうだね」
丸一日、友だちとおしゃべりをしたり、浜辺で釣りをしたりして帰ってきました。
 あるときは、山の湖のほとりに立っているポストからも手紙が届きました。
「御無沙汰しております。こちらへも遊びにきませんか」
 ポストはまた出かけて行きました。
山を登って行くと、見晴らしのよい高原が見えてきました。湖のほとりにポストが立っていました。
「きれいなところだね」
「空気もおいしくて新鮮さ」
小鳥のさえずりを聴きながら、ボートに乗ったり、温泉に浸かったり、のんびり過ごして帰ってきました。
 またあるときは、町の映画館のそばに立っているポストからも手紙が届きました。
「面白いSF映画を上映してるから観に来ないか」
さっそく出かけて行きました。
ポップコーンを食べながら映画を観て帰ってきました。
 そんなふうにいつも気ままにどこへでも出かける郵便ポストだったので、村の人たちや郵便配達人は困ってしまって、
「どうだろう、あちこち出かけないようにロープでからだを縛ってしまおうか」
とみんな真剣に考えていました。





(未発表童話です)




2017年3月29日水曜日

山男とこだま

 どこまでも高い山がつづく、それはそれは山奥のしずまりかえった山の中でした。
山男はいつも向こうの山にむかって叫びます。
「きっとあしたは晴れるだろうなー」
 すると山の向こうから、
「きっとあしたは晴れるだろうなー」
とこだまがかえってきます。
「あしたおれは、山をおりて町へいくぞー」
と叫んだら、
「あしたおれは、山をおりて町へいくぞー」
とこだまがかえってきました。
「町へいったら、酒を買ってくるぞー」
とまた叫んだら、
「町へいったら、酒を買ってくるぞー」
とこだまがかえってきました。
 よく朝、山男は山をおりて町へいきました。そして町の酒屋さんへ行って、たくさんお酒を買って、山へもどってきました。
そして夕闇にむかって、
「今夜は、おれひとりで、あびるほど酒を飲むぞー」
と叫んだら、
「おれたちにもすこし飲ませてくれよー」
と順々にへんな答えがかえってきました。
「あれ、誰の声だろう?」
 山男がふしぎそうな顔をしながら、
「今夜は、おれひとりで、あびるほど酒を飲むぞー」
ともう一度叫んだら、
「そんなこといわないで、おれたちにも飲ませてくれよー」
と、山の向こうからへんな答えが順々にかえってきました。
 山男がおどろいていると、山の向こうからこだまたちが、雲にのってやってきました。
みんなお酒が飲みたそうな顔をしているので、
「じゃあ、いっしょに飲もうじゃないか」
 山男は、こだまたちを小屋にまねいていっしょにお酒を飲みました。
こだまたちは、体は小さいけれど、みんなのんべーばかりで、真っ赤な顔をしながら、山男といっしょに一晩中飲んでいました。
 よく朝、山男は二日酔いでしたが、いつものように、向こうの山にむかって、
「ゆうべはずいぶん飲んだなー」
と叫ぶと、
「またいつかよせてもらうぞー」
と順々にこだまたちの声がかえってきました。






(自費出版童話集「びんぼうなサンタクロース」所収)